プロフィール

1971年、カルカスは中央高原の暖かい街コチャバンバで結成されました。
結成当時のメンバーはHermosa兄弟3人(ウィルソン、カステル、ゴンサロ)とエドゥガー・ビリャロエルの4人。 ボリビア各地の伝統音楽や教会音楽などをボリビア国内外で演奏し活動していました。

一度は演奏活動を止めてしまいますが、1974年にゴンサロをリーダーにもう一度グループを再開。そして1976年カルカ ス初のレコード「Bolivia」が発売。この頃から自分達で曲を作るようになり演奏する曲ほとんどがオリジナルの曲となりました。そして1979年2枚目のLP「Kutimuy」がボリビア内で大ヒット。一躍ボリビアでトップスターに のし上がったのです。その後カルカスはコンサート、レコーディング等の活動を通じて実力をめきめきつけ、出す曲、出すLP、CDすべてがヒットするようになりました。

 

カルカスの人気はボリビア国内にとどまらずラテンアメリカ、北アメリカ、アジア、ヨーロッパなどでも。年間100本を超えるコンサートを世界各地で行っています。

カルカスが初めて来日したのは1984年、世界の有名ミュージシャンが集まったYAMAHA世界音楽祭の出場がきっかけ。出場曲の「Florcita azul」 を生演奏しその迫力に驚かされました。そしてこの頃、「Llorando se fue(泣きながら)」がランバダとなって流行り、翌年の1985年本格的に日本の各地でコンサートをするように。1991年までになんと5回も来日しました。

​その後なかなか来日しませんでしたが2009年に再び上陸!2011年、2014年、2019年と来日が続きました。
 

Gonzalo Hermosa
初代カルカスのメンバーでありカルカスのリーダー。
ギター、ボーカルを担当。カルカスのほとんどの曲の作詞、作曲を手掛ける。
太い張りのある声にファンも多い。
Elmer Hermosa
カルカスのメインボーカル。
彼の声がカルカスの色であり艶である。
甘いマスクと声にファンが世界中に沢山いる。
Gaston Guardia
ビエントス担当。
子供の頃からカルカスに入ってビエントスを吹く。
高くて甘い歌声にファンも多い。
Makoto Shishido
チャランゴ担当。
2002年からカルカスに加入。グループ唯一の外国人(日本人)である。
チェロやビエントスなどの楽器も弾けるオールマイティー。
Gonzalo JR
ギター、ビエントス担当。
ゴンサロの弟で初代カルカスのメンバーのウィルソンの息子。
カルカスの息子たちのグループ「チラハトゥン」のリーダーでもある。
Lin Angulo
ギター担当。
音楽家族に生まれ小さい頃からギターを習う。フォルクローレギターだけでなくフラメンコやクラシックギターまで何でも弾けてしまう素晴らしいギターリスト。
Ivan Barrientos
ベース担当。
ボリビアのレコード会社のレコーディングスタジオでエンジニアとして勤め音響などにも強い。
Luis Mercado
ドラム担当。
メンバー唯一の20代。フォルクローレからジャズからロックまで何でも叩ける素晴らしいドラマーである。
もっと見る
  • Facebookの社会的なアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now